プロミスおまとめローンの金利計算方法

おまとめローンは、ローンを一本化しますので、ローンの管理が大変しやすくなり、金利が低い銀行系のおまとめローンになりますと、毎月の返済額も減りますので、とても支払いが楽になります。
プロミスおまとめローン金利の計算は、借入残高×利率(実質年率)÷365×利用日数審査となるのですが、年利はその銀行・消費者金融によってまちまちですので、おまとめローン金利一覧サイトなどを参考にされると良いかと思います。
一般的には、融資額が大きければ大きいほど、低い金利で借り入れする事が出来ます。
ただ、融資額が大きい。
という事はそれに見合った年収がないとローン審査に通りにくい。
という事も覚えておきましょう。
ローンの融資額は、年収の1/3までというのが目安です。本当に支払いに窮してくると、消費者金融での借換やおまとめローンなど、ややもすれば高金利な方に目がいきやすいです。 生活資金に限れば、公的融資を申し込んでみるのはどうでしょう。 たとえば社会福祉協議会なら、キャッシング等に比べてかなり低めの1.5~3.0パーセントという利率で融資が受けられます。 社協の貸付制度のシステムとしては、連帯保証人がいれば無利息になるというのも大いに助かります。 宣伝はしていませんから、利用するには窓口へ問合せしなければなりませんが、よく知った上で最良の判断をするのは、あなた自身です。 突然色々な予期せぬ出来事が起こり多額の現金が早く手元に必要になるケースがあるかもしれませんが、そのような時は即日・当日に対応できるキャッシングサービスが非常に便利で、安心できます。 最近よく聞く家計の話では、お世話になった方に送るお歳暮や忘年会そして、年初めには子供たちへのお年玉の用意もあり、あっという間に現金不足に陥った・・といった出来事もよく耳にします。 そういう時にこそ、キャッシングを使用するとピンチを乗り越えられるのでとても助かります。皆さんご存知のように、クレジットカードのオプションサービスであるキャッシング枠を追加したい場合には、クレジットカードを申請する時に、キャッシング枠の希望と貸付額も一緒に申請します。 ですが、クレジット会社の審査があるので、希望通りの金額が必ずしも付与されるかは分かりません。 総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)の問題で付与されないケースも多いです。 金利についても、金融機関のキャッシングサービスに比べてクレジット会社のほうが僅かに金利が高いようです。利便性が高いのはクレジットカードのキャッシング枠でしょう。 ですが、それぞれメリットとデメリットがありますから、さまざまな業者の提供しているサービスも視野に入れ、比較検討してから利用する方が良いでしょう。 時間のない中だとしても、プロミスのカードローンの申込の前には、入念に比較検討した方がよいでしょう。消費者金融、もしくは、銀行からプロミスのカードローンの借入が可能ですが、銀行のローン金利の方が低いというのが一般的です。 ただし、その反面、審査での通りやすさは消費者金融に大きく引けをとります。それに加え、消費者金融だと、借入までに要する時間が短いのが特徴で、どちらも良い点、悪い点があると言えます。


プロミスのおまとめローン審査って甘い?