レーザー脱毛より光脱毛施術の方が脱毛期間が長い?

ニードル脱毛というのはもっとも確かなムダ毛を永久脱毛する方法です。
一本ごとにムダ毛の毛根に針を差し込んで電流で毛根を焼き切るので、かなり痛みがあるので敬遠する方も多くいるようです。
脱毛を希望する箇所にもよりますが、一本ずつの処理をすることになるので、レーザー脱毛等と比べてしまうと長い時間かかり、通う回数もそれ相応に多くなります。
光脱毛を受け終わった時に冷たいジェルなどで、肌をクールダウンしてはくれますが、当日は少々の赤みが出現することがあります。
特に夏に光脱毛を受けた場合は赤みがみられる場合が多いように思われます。
そんなケースは自分で冷たいおしぼりでクールダウンしたりして赤みを防ぐ対策をしています。
ムダ毛は部位により最も適切な脱毛法を選択することが必要です。
例えるとすると、iラインはできる限り永久的な脱毛の効果がある方法を選択するべきでしょう。
脱毛の効果が弱い方法だと何度も繰り返してiラインに施術する必要が出てくるのです。
ですので、脱毛効果の高いニードル脱毛でiラインをしっかりと脱毛することが理想なのです。
多数のエピレなどのサロンで使用されて定評を得ている脱毛法が光を照射する光脱毛です。
光脱毛とは、特定の波長を有する光を瞬間照射することで光の持つ熱エネルギーが毛根の黒い色素に吸収されて、脱毛の効果をあげる脱毛方法のことです。
従来の脱毛法に比べて、痛みや肌へのダメージが少ない脱毛方法として人気です。
肌が繊細な人ですとカミソリ負けが発生することがあったりしますよね。
そんな人におすすめしたいのがエピレなどのサロンで受ける光脱毛です。
こちらならば、アトピー体質の人でも安全な施術を受けられるようになっています。
脇の脱毛に悩んでいるのであれば、ぜひとも試してみてください。