住宅ローン返済が楽な銀行とは?

住宅ローンの支払いを長い間していると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。
繰り上げ返済をすると、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額をさらに減らす事ができます。
元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。
この保険の詳しい内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。
住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。
住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
不合格の場合、残念ながら住宅ローのを組む事はできません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
だいたい、安くても数十万〜数百万単位の現金が必要となるでしょう。

フラット35住宅ローンとは