コレステロールを下げるには

 

みなさんは、健康診断でコレステロールがかかったこととかないですか?

 

コレステロールという言葉は、ほとんどの人が知っていると思います。

 

しかし、それがどんな意味を持つ数字なのかを正確に把握している人はきっと少ないはずです。

 

コレステロールが高いとよくないと言われているのです。

 

健康診断などで、再検査や要観察と言うチェックが付けられることが多いです。

 

コレステロールを下げるには、いったいどのようにすればいいのでしょうか。

 

その方法について、ここでご紹介しましょう。

 

コレステロールを下げるには、まずは「食事」がいちばん大事です。

 

絶対に食べ過ぎはいけません。

 

食べ過ぎないようにするには、ゆっくりとよく噛んで食べることになります。

 

それにより、満腹感がでてくるからなのです。

 

それから、お酒の飲みすぎもいけませんよね。

 

よく言われることなのですが、適度のお酒は健康に良い影響を与えるのです。

 

しかし、度が過ぎると、悪くなります。

 

もちろん、煙草も、よくないですよね。

 

煙草は、適度ならよいということはいっさいないのですから。

 

できるだけ、止めた方がいいです。

 

食事の内容ですが、糖分の多い甘いものは、できるだけ避けておきましょう。

 

お菓子のようなものだけではなくて、飲み物やおかずの中にも、糖分は含まれているので、それらも気を付けたいですね。

 

それと、ストレスをためないようにすることなのです。

 

ストレスをためることは、どのような病気の場合でも悪いと言われているのです。

 

ストレスが、すべての病気の一因であると考えた方がいいですよね。

 

それから、食事の内容によっては、コレステロールを上げるもの、下げるものがあるのです。

 

それらは、インターネットなどで調べてみるといいですよ。

 

そして、最後にやっぱり運動ですね。